光過敏症

稀に、光脱毛で日光アレルギーと同じような症状に…

光過敏症という症状を聞いたことはあるでしょうか。日光アレルギーというと何となく想像ができると思いますが、これは普通ならばトラブルが起きないような量の日光を浴びただけなのに、そのあと日光があたった部分に赤みや腫れ、水泡といった皮膚炎が生じる症状です。しかし近年、日光だけではなく、脱毛サロンの光脱毛を受けたあとにも、同様の症状が出るケースが報告されています。

日光

光過敏症の原因は遺伝によるものと服用した薬によって誘発されるものとがありますが、遺伝性のものはまれで、ほとんどの場合は薬の副作用が原因です。前述の光脱毛のケースも、施術を受ける前に服用した薬品が原因で引き起こされた症状になります。光過敏症を誘発する可能性がある薬品には、鎮痛消炎外用剤(湿布薬など)、解熱鎮痛消炎剤(頭痛薬など)、ニューキノロン系抗菌薬(感染症の治療薬)、血圧降下薬、精神系用薬などがあり、個々の薬品となるとこれは非常に多岐に渡ります。

ところで、冒頭で、光過敏症は日光のアレルギーだと述べましたが、脱毛に使用されるのは人工のライトですよね。なぜ症状が出るのか、疑問に感じた方もあると思います。実は光脱毛やフォトフェイシャルに使用される光には、近赤外線と呼ばれる波長が多く含まれるのです。これは日光にも含まれる波長で、真皮に働きかけて新陳代謝の活性化などの効果が得られるために、美容の施術に採用されています。しかし一方では、紫外線と同じように、光過敏症の誘発や、コラーゲンにダメージを与えて光老化の原因になったりといった、厄介な性質を持っているのです。

一般に、風邪薬などには体温を上げる成分が入っている場合があるため、施術の前後には服用しない方がよいといわれます。しかし光過敏症のリスクまでを考えると、風邪薬だけでなく、薬全般を避けた方が安全です。持病があって薬を常用しなければならないという方は、事前に医師に安全を確認するとよいでしょう。その場合、かかりつけの医師だと脱毛の施術について知識がない場合もありますから、脱毛を行っている皮膚科に行って相談するのがよいと思います。

 

サイトマップ